メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

「桜を見る会」で、芸能関係者らとの記念撮影に臨んだ安倍晋三首相夫妻(中央右)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日、喜屋武真之介撮影

 政府は22日に閣議決定した答弁書で、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」で、首相の地元の日本酒「獺祭(だっさい)」が振る舞われていたと公表した。獺祭を含む酒や料理を提供する業務を担っているのは、食品関連会社のジェーシー・コムサ(東京都)だ。首相の妻、昭恵氏と近いともいわれるが、一体どんな会社なのか。【大場伸也/統合デジタル取材センター、青木純/政治部】

 22日の答弁書決定を受け、内閣府に取材したところ、コムサは2017、18年の桜を見る会で、獺祭と神…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」 清水寺で揮毫

  2. 「勉強教える」 小学校内で児童にわいせつ疑い 講師を逮捕 大阪・門真

  3. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  4. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  5. 和泉首相補佐官、出張中に私的観光 官房長官「私費で移動」問題視せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです