車椅子のまま利用できる美容室 ヘルパー資格持つ女性 秋田・由利本荘で開業

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
車椅子に座ったままでも髪を切れる美容室をオープンさせた今野政子さん=由利本荘市藤崎の「かみきりや」で2019年11月22日、川口峻撮影
車椅子に座ったままでも髪を切れる美容室をオープンさせた今野政子さん=由利本荘市藤崎の「かみきりや」で2019年11月22日、川口峻撮影

 秋田県由利本荘市藤崎の美容師でホームヘルパー2級(現介護職員初任者研修)資格を持つ今野政子さん(65)が22日、車椅子のままカットやパーマ、メークアップなどができる美容室「かみきりや」を自宅敷地にオープンさせた。「介護が必要な人もそうでない人も、一人一人に寄り添っておしゃれを提供したい」と意気込んでいる。

 店は車庫を改装した約30平方メートルの広さ。一部は鏡の前に固定の椅子がなく、洗髪台は低い位置に設置されている。利用者が車椅子から降りずにサービスを受けられる。入り口にスロープを設けトイレもバリアフリー対応とした。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文668文字)

あわせて読みたい

注目の特集