メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クロツラヘラサギを絶滅から守れ! 山口で国際シンポ開催

昨年11月、きらら浜自然観察公園に開所した保護・リハビリセンターには現在、朝鮮大学校から借り受けたクロツラヘラサギ2羽が飼育されている=2018年11月24日午後0時49分、松田栄二郎撮影

 東アジアに生息する絶滅危惧種の渡り鳥、クロツラヘラサギの生態や保護の現状などを話し合う「国際シンポジウム㏌きらら浜」が23~24日、山口市阿知須の宇部72アジススパホテルで開かれる。【祝部幹雄】

 クロツラヘラサギは黒い顔とへら状の細長いくちばしが特徴的なトキ科の鳥。朝鮮半島や中国の黄海沿岸などで繁殖し、台湾や香港、日本で越冬する。

 干潟開発などの影響で、1980年代には東アジア全体で300羽以下に減少、危機的な状況に陥った。国境を越えた保護運動の結果、今年1月には4000羽を超える状態にまで回復した。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです