大津市が議事録作成でAI導入 時間を4割削減見込み

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大津市役所=大津市御陵町で、濱弘明撮影
大津市役所=大津市御陵町で、濱弘明撮影

 大津市は今月から、会議などの議事録作成を効率化するため、AI(人工知能)を活用して発言を自動で文字起こしするシステムを導入した。7月の実証実験の結果から、作業時間は4割程度、削減すると見込んでいる。

 市は昨年度、市長会見や部内での会議など、39課で延べ416件の議事録作成に約1500時間を要した。職員らが録音した音声を聞き直して文字起こしをしてきたが、雑音…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

注目の特集