メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代に忘れられた近代漫画の祖とはだれなのか 映画「漫画誕生」の秘密

インタビューに答える映画「漫画誕生」の大木萠監督=東京都渋谷区円山町で2019年11月6日、橋本政明撮影

 「日本近代漫画の祖」とされるさいたま市ゆかりの漫画家、北沢楽天の生涯を描いた映画「漫画誕生」が30日から東京・渋谷のユーロスペースで一般公開される。楽天を演じるイッセー尾形さんら出演者とスタッフをまとめるのは、元ジャーナリスト志望でテレビ制作会社から映画の世界に転じた大木萠監督(33)。キャッチコピーの一つ「時代に逆らわず描いてたら、時代に忘れられました。」に込められた、その真意とは。【松下英志】

 ――そもそも楽天を撮ろうと思ったのは?

この記事は有料記事です。

残り1545文字(全文1766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 「うがい薬、瞬く間に消えた」歯科医ら吉村知事に憤り 研究内容、発表法にも批判

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです