メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会津若松市制施行120周年 式典に「長州」萩市長 「未来志向の関係築く」 /福島

会津若松市制施行120周年記念式典に出席し、参加者と一緒に先人に感謝の黙とうをする山口県萩市の藤道健二市長(手前)=福島県会津若松市城東町の会津風雅堂で

 会津若松市制施行120周年記念式典が23日、同市城東町の会津風雅堂で開かれ、戊辰(ぼしん)戦争時に会津藩と敵対した長州藩の山口県萩市から藤道健二市長が初めて出席した。会津若松市には当時のわだかまりが今も残っており、これまで相互訪問はあっても市の公式行事に萩市長が参加した例はなかった。

 萩市は東日本大震災の際に2000万円を超える義援金を寄せたため、高額…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. マレーシア、プラごみ日米仏など13カ国に送り返す 不法輸入の3737トン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです