メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大田原マラソン 雨の中2640人疾走 男子、有村選手が初優勝 女子、永尾選手も大差で /栃木

マラソンの部でスタートした選手たち=栃木県大田原市美原の美原公園陸上競技場で

 第32回大田原マラソン大会(大田原市、栃木陸上競技協会など主催、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など後援)が23日、大田原市美原公園陸上競技場を発着点とするコースで開かれた。マラソンの部に2137人、10キロの部に503人の計2640人が参加。マラソン男子は有村優樹選手(27)=旭化成=が2時間15分40秒で、女子は永尾薫選手(30)=Sunfield=が2時間39分58秒でそれぞれ初優勝を果たした。【玉井滉大、柴田光二】

 朝から冷たい雨が降りしきる厳しい条件とあり、ランナーの多くが雨がっぱやビニール袋をかぶる「防寒対策…

この記事は有料記事です。

残り2145文字(全文2410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです