メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

比残留日本人2世の代表団来日 国籍回復、早期着手を 進む高齢化、子や孫の将来案じて /東京

フィリピンから来日し、記者会見に臨む日系人の代表団。左からイネス・マリャリさん、寺岡カルロスさん、岩尾ホセフィナさん、大下恵美子さん=東京・羽田空港で2019年10月28日午後3時22分、山田奈緒撮影

 戦中戦後の混乱で日本人の父と離別し、無国籍となったフィリピン残留日本人2世(日系人)の日本国籍の取得を求め、日系人の代表団が来日した。国籍を求める最大の理由は「アイデンティティーの回復」で、法改正などによる早期救済を国会議員に陳情した。2世の平均年齢は80歳を超えており、「人生最後の瞬間に日本人の子供でよかったと思えるよう、力を貸してほしい」「私たちの戦後は終わっていない」と訴えた。【山田奈緒】

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです