メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忍者100人、雨の江戸探索 伊賀と甲賀、合同で 上野公園-半蔵門 /三重

雨の中、新国立競技場の横を歩く忍者百人衆=東京都新宿区で、大西康裕撮影

新国立競技場付近に火薬蔵

 2020年東京五輪・パラリンピック主会場の新国立競技場(東京都新宿区)などを忍者装束の集団が巡るイベント「忍者百人衆江戸で伊賀/甲賀の気配を探れ」が23日、都内で行われた。伊賀市と滋賀県甲賀市の観光協会が主催。参加者とスタッフ計約100人が雨の中を約7キロ歩き、忍者や忍者の古里をPRした。

 「百人衆」は上野公園(台東区)で忍者姿に着替え、JRで上野駅から信濃町駅に移動。その後向かったのが同競技場。案内役の山田雄司・三重大教授が、江戸時代には火薬類の蔵や鉄砲の練習場が付近にあった場所で、江戸城を警固した甲賀ゆかりの者も住んでいたことを解説した。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです