メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本明川の鳥たち

ジョウビタキ 紋付き姿の冬鳥 /長崎

ジョウビタキの雄=長崎県諫早市で、足立旬子撮影

 朝晩が冷え込んでくる中、諫早市の本明川で越冬のため日本に飛来する渡り鳥の種類が増えてきた。ジョウビタキもその一種。灰色の頭に鮮やかなオレンジ色の胸の雄が今月初め、永昌東町の河川敷にいた。

 全長15センチほど。中国大陸やロシア南東部などで繁殖し、県内には10月ごろから姿を見せる。日本野鳥の会県支部の…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです