特集

第100回高校ラグビー 長崎南山(長崎)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する長崎南山(長崎)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

県大会決勝 長崎北陽台、花園切符 2年連続優勝 長崎南山を降す /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【長崎北陽台-長崎南山】後半5分、長崎北陽台のフルバック山口選手が独走しトライ
【長崎北陽台-長崎南山】後半5分、長崎北陽台のフルバック山口選手が独走しトライ

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の県大会決勝が23日、長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場であった。長崎北陽台が長崎南山を26―19で破り、2年連続18回目の優勝を果たした。長崎北陽台は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【中山敦貴】

 前半、3トライを挙げリードを奪った長崎北陽台が、後半に猛追した長崎南山を退けて2連覇を果たした。

 北陽台は序盤、自陣深く切り込まれるも、FWリーダーの中原拓海選手(3年)は「ここまでは想定範囲内」と冷静だった。ラックからボールを拾い上げて縦に突いて陣地を回復し、前半16分に中原選手が先制トライを挙げ流れをつくった。その後は、フルバック山口泰輝選手(3年)が相手ディフェンスの隙(すき)を突いて独走し、2トライを挙げるなど活躍した。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文558文字)

あわせて読みたい

注目の特集