メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

綾の自然を感じて 工芸まつり、きょう最終日 「現代の名工」作碁盤も /宮崎

会場で来場客にくちなしの実をかたどった碁盤の手彫り脚について解説する熊須健司さん(中央)

 原生林が残る照葉樹林の森で知られる綾町の工芸作品を集めた「第38回綾工芸まつり」が、同町北俣の綾てるはドームで開催中だ。町内外47工房の作品を展示販売。最終日の24日は午後1時から展示品を値引き販売するオークションもある。入場無料。

 綾町は昔から木工芸が盛んで、木工芸品店主らで作る「綾町工芸コミュニティ協議…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです