メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

続く香港の抗議活動 民衆の支持に中国苦悩=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

=渡部直樹撮影

 過去数十年の状態が続いていたら、香港を表現する言葉は「刺激的」「商業的」「公正な」などが上位を占めただろう。だが、それらの言葉は、ますます「危険な」「暴力的」「無秩序な」という表現に置き換えられている。抗議デモの活動家たちと香港警察の闘いは、正念場を迎えつつある。香港政府とその後ろ盾の中国政府は、活動家たちと交渉するか、軍事力で暴力を抑えこむか、決断しなければならなくなるだろう。

 中国共産党指導部の正当性や権威に挑戦する異論は容認されない、と思ってきた人たちにとって、中国が抑制的に対応したことは驚きだった。人民解放軍は兵舎に収容したり香港に入境させたりするにとどめ、香港政府に治安を委ね、香港政府は警察に頼ってきた。

この記事は有料記事です。

残り1442文字(全文1754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです