メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きしむ日韓

韓国GSOMIA失効回避(その2止) 「在韓米軍縮小」脅威に 韓国軟化、着地点探る

 

 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の失効が23日午前0時に迫る中、米国の圧力を受けた韓国側は対応に苦慮していた。訪米から帰国した韓国青瓦台(大統領府)の金鉉宗(キムヒョンジョン)国家安保室第2次長は、21日の国家安全保障会議(NSC)に出席し、ポッティンジャー米大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)との会談内容などを報告した。北朝鮮がミサイル開発を加速させる中、その脅威がさらに増すことにつながる在韓米軍の縮小も米国側は示唆していた。

 21日深夜にはポンペオ米国務長官も韓国の康京和(カンギョンファ)外相と電話協議し、最後の説得をした。22日朝、韓国政府高官はGSOMIAが破棄となるかどうかについて「五分五分」と語った。22日午後のNSCで文在寅(ムンジェイン)大統領が破棄の猶予を了承するかは、政府高官も最後まで分からなかった。

この記事は有料記事です。

残り2747文字(全文3126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです