メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級1組6回戦 及川が絶妙手 初参加で5勝1敗

 <第78期順位戦C級1組 西尾明七段VS及川拓馬六段>

 36人で戦うC級1組の昇級争いは、藤井聡太七段に負けじと、ハイレベルになっている。

 では5日に行われた6回戦から、西尾明七段(40)―及川拓馬六段(32)の4勝1敗対決を見ていただこう。

 西尾は3期目で順位は13位。常務理事の激務をこなしながら頑張っている。対する及川はC1初参加で32位だ。西尾の角換わり早繰り銀に対し、及川は銀交換後に自陣角を打って猛攻する。西尾も真っ向から立ち向かい第1図に。9一にいた馬を4六へ引いたところで、この手は[後]6八成銀の詰めろを防ぎつつ、[先]3一角[後]同金[先]2三歩成以下長手数の詰みを狙った「詰めろ逃れの詰めろ」になっている。

 検討していた棋士たちはこの攻防手で先手勝ちと判断、及川自身も負けにしたと思っていた。

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです