メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

疲弊する多胎児家庭 #助けて多胎育児

双子や三つ子を連れ、記者会見で子育ての大変さを語った夫婦ら=東京都千代田区で2019年11月7日、熊谷豪撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 双子や三つ子など「多胎児」を持つ親から、育児の支援を求める声が上がっている。市民団体のアンケートでは、子連れで外出するのが難しく、家事や育児に追われて休息もままならない姿が浮かんだ。昨年1月には、愛知県で三つ子の母親が次男を虐待死させた事件があり、精神的に追い込まれる親は少なくない。

 アンケートは10月、「多胎育児のサポートを考える会」が実施し、多胎児の親1591人から回答を得た。育児中につらいと感じた場面は「外出・移動が困難」が89・1%で最も多く、「自身の睡眠不足・体調不良」と「自分の時間が取れない」がともに77・3%で続いた。93・2%が「気持ちがふさぎ込み、子どもにネガティブな感情を持った」と回答し、心身ともに疲弊している状況がうかがえる。必要な支援は、家事育児の人手…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです