メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『房思琪の初恋の楽園』=林奕含・著、泉京鹿・訳

 (白水社・2200円)

 読む前は、初恋というタイトルや、その対極の「少女が塾教師にレイプされた」というあらすじに、よそよそしい気持ちでいた。「実話をもとにした小説」というだけあって、いずれにせよ、作者の自意識にあふれた物語だろうと思ったからだ。

 作品に満ちていたのは、痛みだった。注射をしているとき、いつの間にか息をとめているように、読みながら体がこわばっていた。

 台湾・高雄に住む房思琪は13歳のとき、憧れていた国語教師に言葉と暴力でからめとられ、その関係は彼女が精神に異常をきたすまで続く。思琪に親友の怡婷(イーティン)、夫からDVを受ける伊紋(イーウェン)。文学を愛する3人の、日々の小さな(そして大きな意味を持つ)できごとを詳細に語ることで、痛みが重みを持ち始める。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです