メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『誰が科学を殺すのか 科学技術立国「崩壊」の衝撃』=毎日新聞「幻の科学技術立国」取材班・著

 (毎日新聞出版・1650円)

「改革病」にメス再生への処方箋示す

 近年の日本は、毎年のように自然科学分野でのノーベル賞受賞者を輩出している。しかし、それと同時に、日本の研究環境の窮状を訴えるノーベル賞受賞者たちの声も高まっているのだ。日本はこの二十数年間、様々な科学技術政策を打ち出してきたにもかかわらず、科学研究が衰退し続けている。その結果を受けてもなお、政府は「改革」を止(や)めないのはなぜか。本書は、その科学技術政策の「改革病」にメスを入れ、科学技術立国・日本が再生するための処方箋を示そうとする。

 日本の研究力の低下は、論文の数と質(引用数が多いものを指す)の低下など、様々な指標で明らかになって…

この記事は有料記事です。

残り1731文字(全文2034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです