連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

大阪・関西万博 決定1年 夢洲整備綱渡り 突貫工事、IRと競合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2025年大阪・関西万博の開催がパリで決まってから24日(日本時間)で1年を迎えた。関西経済の発展につながるとの期待が高まる一方で、会場となる大阪湾岸の人工島・夢洲(ゆめしま)の整備が間に合うのか予断を許さず、相乗効果を狙ったカジノを含む統合型リゾート(IR)の同時開業も極めて困難な情勢だ。55年ぶり2度目となる大阪万博。綱渡りの日程の中で期待と不安が交錯している。

 「万博、IR、大阪都、三つそろって大丈夫なのか」「万博とIRの工事が輻輳(ふくそう)する。会場建設も人件費や資材の高騰がある」「台風や災害が生じたら、夢洲と湾岸を結ぶ橋は1本だけだ。もつのか」――。18日午後、自民党本部で開かれた党の「万博推進本部」会議では、地元選出の国会議員から、工事や災害対応を巡って懸念の声が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り3738文字(全文4087文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集