メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「ダブルケア、その時」編/4 広がれ、おせっかい 「まちの保健室」注目

親子連れが訪れる地域の子育て広場で、積極的にグループの輪に入る三永拡子さん(中央)=三重県名張市で、加藤沙波撮影

 8月、三重県名張市にある地域の相談窓口「まちの保健室」を訪ねた。子育てと義母の介護などが重なって追い詰められ、3年前からこの保健室を頼りにしている主婦、中野実香さん(34)=仮名=に取材していた時のこと。にぎやかに動き回る小学生の息子2人を叱りながら、中野さんは「ちょっと愚痴を言っていいですか」と断り、同席していた職員の三永(みつなが)拡子さん(44)に話し始めた。久々に実家に帰った際に父の車の運転に不安を感じたという内容だった。

 地域の親子が集う「子育て広場」で三永さんに声をかけられたのをきっかけに、まちの保健室を訪ねるようになった。県外出身で当時は地域に友人がおらず、夫は仕事で多忙。「何もかもいっぱいいっぱいで、誰かに話を聞いてほしかった」と、何度もまちの保健室でさまざまな悩みを打ち明け、保健師や社会福祉協議会などを紹介してもらった。「ここがあったから救われた」。中野さんは繰り返した。三永さんは「ようやってたなあ」と、…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです