メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

読まれなかった小説 会話経て発見する人生 懐かしく不思議な味わい

 小説みたいな映画。普通、この表現は、原作を絵本のように映像に直した作品の悪口になります、でも、この映画には原作小説がない。それどころか筋書きというほどの筋書きもない。にもかかわらず、一冊の本に引き込まれ、休みを入れずに一気に読み終えた後の手応えがある。それが懐かしく、ちょっと不思議にもおもわれるような作品です。

 大学を卒業したばかりのシナンがトルコ西部の小さな町に戻ってきた。お父さんは定年間近の学校の先生です…

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  2. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  3. 全国女性消防操法大会 和木隊が準優勝 町長に報告 /山口

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです