メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災者を苦しめ続けるカビ 除去は公的支援の対象外 台風21号1カ月

台風15号から12日後の女性の自宅。白く見える部分は全てカビという=2019年9月21日、本人提供

 台風21号の影響による記録的な大雨からまもなく1カ月を迎える。千葉県内では9月9日の台風15号による強風で多くの住宅の屋根が破損。10月12日と25日の台風19号、21号で住宅に入り込んだ雨水のためにカビが広がり、今も被災者を苦しめている。【町野幸】

 千葉市緑区の女性(45)は約30年暮らした2階建ての自宅の屋根が壊れカビが大量に発生し、住めなくなった。

 台風15号が上陸した9月9日、バリバリという大きな音とともに1階部分にあるトタン屋根がはがれ、雨水が降り注いだ。中2の息子と友人の家に避難した女性が翌日に自宅の様子を見に行くと、はがれた屋根の真下にある畳にうっすらとカビが生えていた。数日後にはツンと鼻につく臭いが漂い、気分が悪くなった。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです