メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「核戦争で威嚇し、どうして平和を提案できるのか」ローマ教皇広島訪問

 広島市中区の広島平和記念公園では24日夜、フランシスコ・ローマ教皇の来日に合わせて「平和のための集い」が開かれた。教皇は「原子力の戦争目的の使用は、倫理に反します。より正義にかなう安全な社会を築きたいと真に望むならば、武器を手放さなければなりません」と語り、核なき世界に向けた行動を呼びかけた。

 教皇は午後6時40分過ぎ、原爆ドームのある平和記念公園に到着した。出迎えた関係者ら一人一人に声をかけ、被爆者の女性が泣き出すと、涙が伝わる頰をさすって抱きしめる場面もあった。

 集いでは、広島大付属高2年の松田小春さん(17)ら高校生平和大使3人が準備したろうそくに点灯。被爆者を代表し、14歳のとき爆心地から2・3キロ離れた市内の工場で原爆に遭った梶本淑子さん(88)が、建物の下敷きになり3日間自宅に帰れなかったこと、街で死体をめくって自身を捜し続けた父が1年半後に突然亡くなったことなどを証言した。梶本さんが「平和を願う多くの人の力と亡くなった人の魂によって、核は必ず廃…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです