メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白鵬、貴景勝降し14勝1敗で有終の美 炎鵬は勝ち越し決める 大相撲九州場所千秋楽

パレードカーの上で万歳する白鵬(右)=福岡国際センターで2019年11月24日、須賀川理撮影

 大相撲九州場所千秋楽は24日、福岡国際センターで行われ、前日に43回目の優勝を決めた横綱・白鵬は大関・貴景勝を万全の寄りで降し、14勝1敗で締めくくった。貴景勝は大関復帰場所を9勝6敗で終えた。

 関脇・御嶽海は小結・阿炎の土俵際のはたきに屈し9敗目。小結・遠藤は琴勇輝との勝ち越しを懸けた一番に敗れ…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです