メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黄金世代を追え

豊昇龍は最後に白星、十両残留へ 琴勝峰9勝6敗、基礎で地力向上誓う

幕下の魁(手前)を降した豊昇龍=福岡市の福岡国際センターで2019年11月24日午後2時10分、村社拓信撮影

 大相撲九州場所千秋楽の24日、注目株の豊昇龍(20)は、同じモンゴル出身で幕下の魁(33)に勝ち、7勝8敗で新十両場所を終えた。初場所も十両に踏みとどまりそうだ。

 十両と幕下の「入れ替え戦」の色合いが濃い一番。豊昇龍は立ち合いで強烈な突きを放って相手の上体を起こし、潜り込むように右上手をつかむと、反時計回りに振り回して上手投げを決めた。

 中日以降は6敗と黒星を並べたが、持ち味のスピードを生かして先手を取る相撲を千秋楽でようやく出せた。胸を張って勝ち名乗りを受け、「今まではずっと『勝ちたい』と思っていたけれど、負けても勝っても自分の相撲を取りたい、と思うようにした。今日の一番はよかった」と話した。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです