メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

豪快に大栄翔すくい投げ 白鵬が称賛 「まだまだ。稽古し恩返します」

炎鵬(奥)がすくい投げで大栄翔を破る=福岡国際センターで2019年11月24日、田鍋公也撮影

[PR]

 大相撲九州場所千秋楽の24日、関取最軽量98キロの炎鵬は大栄翔をすくい投げで破って8勝7敗とし、自己最高位の西前頭6枚目で3場所連続の勝ち越しを決めた。

炎鵬(手前)がすくい投げで大栄翔を破る=福岡国際センターで2019年11月24日、矢頭智剛撮影

 大栄翔は炎鵬と同じ宮城野部屋所属の横綱・白鵬に今場所唯一の黒星を付け、殊勲賞が決まっていた。初顔の相手に、炎鵬は「実力のある方。思い切りいくしかない」と無心で臨んだ。土俵際まで追い詰められたが体が自然と反応。差していた左を思い切りすくい、豪快に投げを決めた。

 「納得のいく相撲は一番もなかった」と今場所を振り返る。白星を挙げた相撲の決まり手に引き落としや投げが多く、「攻めきれていない」と首をかしげた。それでも、勝ち越したことで支度部屋では白鵬とがっちりと握手をした。

 白鵬は自身の優勝インタビューで炎鵬について触れ「(大栄翔に勝ったので)私も負けたということですね」とリップサービスを交えながら、「一生懸命稽古(けいこ)をしている。上位に上がってくるので楽しみにしている」と期待を寄せた。炎鵬は「まだまだ全てにおいて足りないところだけ。稽古をしてたくさんの方に恩返しできるようにしたい」とさらなるレベルアップを誓った。【藤田健志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  3. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  4. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  5. Dr.STONE テレビアニメ第2期の制作決定 「ジャンプ」の人気マンガが原作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです