天満屋、五輪代表の前田が口火 中盤以降巻き返し4位 クイーンズ駅伝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
4位でフィニッシュする天満屋の小原怜=弘進ゴムアスリートパーク仙台で2019年11月24日、和田大典撮影
4位でフィニッシュする天満屋の小原怜=弘進ゴムアスリートパーク仙台で2019年11月24日、和田大典撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は24日、宮城県の松島町文化観光交流館前から仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台に至る6区間42・195キロで行われ、天満屋は5年連続の入賞となる4位だった。

 2区を終えて18位と大きく出遅れた天満屋だったが、3区には東京五輪マラソン代表の前田がいた。前田は区間賞を狙うような積極的な走りで7人抜き。巻き返しへの口火を切った。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文656文字)

あわせて読みたい

注目の特集