メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最強の1区、ルーキー広中快走 若さ爆発 日本郵政G クイーンズ駅伝

1区、日本郵政グループの広中璃梨佳(手前)が先頭集団から抜け出す=宮城県利府町で2019年11月24日、滝川大貴撮影

 普段は慎重な日本郵政グループの高橋昌彦監督がレース前日、「最強の1区になり得る」と期待したスーパールーキー・広中の快走が女王奪還へのシナリオを現実にした。

 長崎商高3年時には全国高校駅伝と都道府県対抗女子駅伝で、ともに1区で区間賞。駅伝で無類の強さを発揮する広中はスタート直後からレースを引っ張り、5キロ手前で「まだ余裕があったので」と早くもスパート。唯一食らいついたパナソニックの渡辺を突き放し、中継点では20秒の大差をつけた。19歳の誕生日を自ら祝う快走に、広中は「良い流れでたすきをつなげた…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです