メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最後の区間賞に涙 ダイハツ、吉本の追い上げで2位に クイーンズ駅伝

2位でフィニッシュするダイハツの吉本ひかり=弘進ゴムアスリートパーク仙台で2019年11月24日、和田大典撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は24日、宮城県の松島町文化観光交流館前から仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台に至る6区間42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間15分10秒で3年ぶり2回目の優勝を果たした。終盤に6区の吉本ひかり(29)が追い上げたダイハツが2位に入った。

 猛追してトップと5秒差でフィニッシュした直後は笑顔だったが、チームメートから「ひかりさん区間賞!」と知らされると感極まった。今季で第一線から引退する。この駅伝はチームで臨む最後のレースだった。「何度もやめようと思ったけど、やってきて良かった」。応援に駆けつけた母陽子さん(55)も涙とともに出迎えた。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです