最後の区間賞に涙 ダイハツ、吉本の追い上げで2位に クイーンズ駅伝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2位でフィニッシュするダイハツの吉本ひかり=弘進ゴムアスリートパーク仙台で2019年11月24日、和田大典撮影
2位でフィニッシュするダイハツの吉本ひかり=弘進ゴムアスリートパーク仙台で2019年11月24日、和田大典撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は24日、宮城県の松島町文化観光交流館前から仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台に至る6区間42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間15分10秒で3年ぶり2回目の優勝を果たした。終盤に6区の吉本ひかり(29)が追い上げたダイハツが2位に入った。

 猛追してトップと5秒差でフィニッシュした直後は笑顔だったが、チームメートから「ひかりさん区間賞!」と知らされると感極まった。今季で第一線から引退する。この駅伝はチームで臨む最後のレースだった。「何度もやめようと思ったけど、やってきて良かった」。応援に駆けつけた母陽子さん(55)も涙とともに出迎えた。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文678文字)

あわせて読みたい

注目の特集