メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

祭りが担うもの(沖縄・来間島) 原初の理想に帰る時

来間島の祭りが行われる「御嶽(うたき)」と呼ばれる聖地の一つ。「宮古島の神と森を考える会」のメンバーらが見学した=沖縄県宮古島市の来間島で2019年10月13日、伊藤和史撮影

 「宮古島の神と森を考える会」の年に1度のシンポジウムが先月、沖縄県宮古島市の離島、来間(くりま)島であった。ローカルな現場が発信するローカルな議論から、全国で通用すると思われる提言を紹介する。地域にとって祭りとは、そして歴史とは――重い課題と展望が見えてくると思う。

 人口約160人の来間島の神祭りを今後、どう存続させていくかが今年のテーマ。祭りは女性を中心に行われるが、島は高齢化が進む一方、本土や海外からの移住者の割合が増えている。

 現在6人いる神役の女性は70~80歳代が軸。年に約20の祭りがあり、うち五つでは2泊から1泊の「籠…

この記事は有料記事です。

残り1388文字(全文1657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  4. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです