メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

祭りが担うもの(沖縄・来間島) 原初の理想に帰る時

来間島の祭りが行われる「御嶽(うたき)」と呼ばれる聖地の一つ。「宮古島の神と森を考える会」のメンバーらが見学した=沖縄県宮古島市の来間島で2019年10月13日、伊藤和史撮影

 「宮古島の神と森を考える会」の年に1度のシンポジウムが先月、沖縄県宮古島市の離島、来間(くりま)島であった。ローカルな現場が発信するローカルな議論から、全国で通用すると思われる提言を紹介する。地域にとって祭りとは、そして歴史とは――重い課題と展望が見えてくると思う。

 人口約160人の来間島の神祭りを今後、どう存続させていくかが今年のテーマ。祭りは女性を中心に行われるが、島は高齢化が進む一方、本土や海外からの移住者の割合が増えている。

 現在6人いる神役の女性は70~80歳代が軸。年に約20の祭りがあり、うち五つでは2泊から1泊の「籠もり」を伴う。このような負担の重さから、神役の後継者不足は深刻だ。来間島だけの事情ではなく、宮古島全体、さらには南島全域の共通課題。祭りが中断している地域は少なくない。

この記事は有料記事です。

残り1304文字(全文1657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです