メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝 沿道から「ガンバー」 選手にエール熱く /宮城

太鼓の演奏で威勢良く選手たちを送り出す松島五大堂太鼓の会のメンバーたち=宮城県松島町磯崎で

スタート地点、太鼓打ち鳴らし 中継地点、応援グローブはめ

 松島から仙台までの沿道で24日に開かれた「クイーンズ駅伝in宮城 第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)。松島町のスタート地点では太鼓が打ち鳴らされ、塩釜市の中継所では応援グローブをはめた人々が沿道から選手たちに声援を送った。フィニッシュ地点の弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市宮城野区)では、日本を代表する陸上選手たちによるランニング教室も開かれ、未来の陸上選手が夢を描いた。

 スタート地点の松島町磯崎の松島町文化観光交流館前では、松島五大堂太鼓の会が恒例の太鼓演奏で選手たち…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです