段ボール製ロボ使いプログラミング教育 葛飾区の全小学校で来春から /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年度から必修となる小学校のプログラミング教育で、葛飾区立の小学校などは段ボール製のロボット模型を活用する。ロボットを操作するプログラムを作り、プログラミングに慣れ親しんでもらう狙いだ。21日に青木克徳区長が記者会見で明らかにした。

 区長などによると、主に小学5年生の授業で、区内に本社を置く大手玩具メーカー「タカラトミー」のロボット模型「embot(エムボット)」を…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集