メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北信越高校駅伝 富山商、男女準V /富山

2位でゴールする富山商のアンカー上田悠真選手=長野県大町市常盤泉の同市運動公園陸上競技場で、原奈摘撮影

 男子第56回、女子第32回北信越高校駅伝競走大会(北信越高体連など主催、毎日新聞社など後援)が24日に長野県大町市で開かれた。女子は長野東(長野)が1時間10分26秒で12年連続12回目の優勝。男子は佐久長聖(長野)が2時間6分29秒で22年連続22回目の優勝を果たした。

 今年は12月22日に京都市で行われる全国高校駅伝の男子が第70回記念大会のため、各県代表を除く最上位の3位に入った美方(福井)が北信越地区代表として出場を決めた。

 都大路県代表の富山商は男女ともに準優勝。【原奈摘】

この記事は有料記事です。

残り1333文字(全文1578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです