メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

ひき逃げ、絶対許さぬ 府警専従捜査班「HIT」 発足13年で検挙率2.5倍 /大阪

捜査を指揮するため大阪府警堺警察署を訪れた通称「HIT」の捜査員=堺市堺区で、山田尚弘撮影

 ひき逃げ事件が全国最多の大阪府で、府警が専従捜査班「HIT(ヒット)」を設置して摘発に力を入れている。英語でひき逃げをヒット・アンド・ランと呼ぶことから名付けられた。重傷ひき逃げ事件を対象に、経験豊富な捜査員5人が捜査を指揮する「スペシャリスト集団」だ。発足から13年で検挙率は2・5倍に向上したが、悪質なひき逃げは後を絶たない。「わずかな痕跡も見逃さない」という捜査班の取り組みを追った。【安元久美子】

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 新型肺炎 武漢へのチャーター機派遣延期

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです