メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仲良くロゴマーク作り 6年後の大阪万博、親子ら挑戦 玉野 /岡山

万博のログマークを描いた小学生ら=玉野市で、益川量平撮影

 2025年大阪・関西万博に向け、一般公募されるロゴマークのデザイン作りに挑戦するイベントが24日、玉野市宇野1の市立図書館・中央公民館で行われた。親子連れら約50人が色鉛筆を手に熱心に制作した。

 2025年日本国際博覧会協会の主催。デザイナーらが万博やロゴマークの役割を伝えることで、万博をより身近に感じてもらおうと全国9カ所の図書館で行われている。

 イベントでは、同協会の職員やデザイナーらが、大阪の文化▽大阪・関西万博の会場▽デザインが果たす役割▽ロゴマークに関する基礎知識などを説明。その後、「わくわく」や「きらきら」など、ロゴマークで伝えたいキーワードを参加者自らが選び、個性的なロゴマークを作った。制作後、デザインは缶バッジにして配られた。

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです