川ごみなくそう サミットで情報交換 徳島 /徳島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鮎喰川での水質調査などについて報告する広野小の児童たち=徳島市徳島町城内のとくぎんトモニプラザで、松山文音撮影
鮎喰川での水質調査などについて報告する広野小の児童たち=徳島市徳島町城内のとくぎんトモニプラザで、松山文音撮影

 川に流れるプラスチックごみの削減に向け、情報交換や解決に向けて意見を交わす「第5回川ごみサミット」が、とくぎんトモニプラザ(徳島市徳島町城内)で開かれた。市民団体の関係者や、環境省職員ら約200人が参加し、ごみを減らす全国の取り組みなどについて熱心に学んだ。四国での開催は初めて。

 サミットでは、県内外の6団体が、プラスチックを減らす活動事例を紹介。県内では、NPO江川エコフレンド(吉野川市)の瀬尾規子理事長が「アドプトプログラム…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

あわせて読みたい

ニュース特集