メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書を生かす

情報公開法成立20年/8 伊エルバ島 住民「代表」が守る町の記録

エルバ島の公文書館を訪ねた加藤准教授(左)=10月、加藤さん提供

 日本近現代史の研究者である加藤聖文(きよふみ)・国文学研究資料館准教授(52)は先月、イタリアの地方で公文書管理の現場を見てきた。市民生活の近くに公文書があり、旅を通して日本との違いを痛感したという。

 訪れたのはイタリア半島の西側に浮かぶエルバ島。沖縄県の石垣島とほぼ同じ大きさの約220平方キロで、ナポレオンが追放されたことで知られる。人口約3万人の島内にある七つの町を公文書取り扱いの専門家であるアーキビストの女性が1人で巡回している。

 各町の役場が作成すべき文書、残すべき文書、公文書館に移すべき文書について職員に対し助言・監督をする。アーキビストが行政に果たす役割は法的に明確になっており、日本で起きたような「都合が悪くなったら捨てる」行為を防いでいる。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです