メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 胸が苦しくなりました。初めて僕のクリニックを訪ねてきた27歳の女性が、受け付けを済ませるなり待合室の長椅子に寝転び、生理痛がひどいと苦しそうな表情をしています。

 14歳で初経を迎えた後、しばらくの間はさほどではなかったそうですが、間もなく学校にも行けないほどの痛みに襲われるようになったと話します。見かねた親から鎮痛剤を与えられるものの、痛みが遠のくのは一時的でした。

 最終的には今回のクリニック受診に結びつくわけですが、僕としては許しがたい思いに駆られました。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 新型コロナ最多66人の北海道は集団感染も 知事「思い切った対策」外出自粛に踏み込む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです