メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 胸が苦しくなりました。初めて僕のクリニックを訪ねてきた27歳の女性が、受け付けを済ませるなり待合室の長椅子に寝転び、生理痛がひどいと苦しそうな表情をしています。

 14歳で初経を迎えた後、しばらくの間はさほどではなかったそうですが、間もなく学校にも行けないほどの痛みに襲われるようになったと話します。見かねた親から鎮痛剤を与えられるものの、痛みが遠のくのは一時的でした。

 最終的には今回のクリニック受診に結びつくわけですが、僕としては許しがたい思いに駆られました。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです