メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

東直子の初期歌集=酒井佐忠

 歌人・小説家として活躍する東直子のデビュー歌集『春原さんのリコーダー』と第二歌集『青卵』が、いずれも「ちくま文庫」として出版された。とりわけ刊行から20年余を経た第一歌集を再び手にすることができるのは、東の短歌の真髄に触れる思いがする。俵万智や穂村弘、あるいはニューウェーブを率いた加藤治郎ほど、当時は話題にならなかったが、俵らとは少し異質な穏やかな広がりのある口語短歌の魅力が伝わってくるのがうれしい。

 <違うのよ ふゆぞら色のセーターににわかにできる毛玉のような><転居先不明の判を見つめつつ春原さん…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです