メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

東直子の初期歌集=酒井佐忠

 歌人・小説家として活躍する東直子のデビュー歌集『春原さんのリコーダー』と第二歌集『青卵』が、いずれも「ちくま文庫」として出版された。とりわけ刊行から20年余を経た第一歌集を再び手にすることができるのは、東の短歌の真髄に触れる思いがする。俵万智や穂村弘、あるいはニューウェーブを率いた加藤治郎ほど、当時は話題にならなかったが、俵らとは少し異質な穏やかな広がりのある口語短歌の魅力が伝わってくるのがうれしい。

 <違うのよ ふゆぞら色のセーターににわかにできる毛玉のような><転居先不明の判を見つめつつ春原さんの吹くリコーダー>。一首にこめられたものは柔らかな言葉の中に手の届かない思いや音をまさぐる心理だろう。収録された当時の「栞文」で小林恭二は、言葉の柔らかさは天性のもの、「一瞬の爆発力よりじわじわ利いてくる」といい、穂村弘は「喪失感と表裏一体の、この比類ない希求」と書き、当初から東短歌の特色を見抜いて…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです