メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団対抗女子駅伝 日本郵政、3年ぶり奪冠

1区、日本郵政グループの広中(手前)が先頭集団から抜け出す=滝川大貴撮影

 日本郵政グループが若い力で3年ぶりに駅伝女王の座へ返り咲いた。24日に宮城県で開催された第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は、日本郵政グループが2時間15分10秒で制した。1区から一度も先頭を譲ることなく逃げ切った。

 レースは、松島町文化観光交流館前から仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間42・195キ…

この記事は有料記事です。

残り2240文字(全文2451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  2. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  3. 全国女性消防操法大会 和木隊が準優勝 町長に報告 /山口

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです