メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団対抗女子駅伝 日本郵政、3年ぶり奪冠

1区、日本郵政グループの広中(手前)が先頭集団から抜け出す=滝川大貴撮影

 日本郵政グループが若い力で3年ぶりに駅伝女王の座へ返り咲いた。24日に宮城県で開催された第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は、日本郵政グループが2時間15分10秒で制した。1区から一度も先頭を譲ることなく逃げ切った。

 レースは、松島町文化観光交流館前から仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間42・195キロのコースで争われた。6区で猛追して5秒差まで迫ったダイハツが2位、3連覇を狙ったパナソニックは11秒差の3位だった。8位までが来年のシード権を獲得した。(スタート時の気象=雨、気温15・5度、湿度94%、北北東の風0・5メートル)

この記事は有料記事です。

残り2124文字(全文2451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです