メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

決断 トップの責務=渡辺守成

 

 国際オリンピック委員会(IOC)は来夏の東京五輪のマラソンを札幌で開催することに決めた。本番に向けて準備を重ねてきた選手や関係者、沿道での観戦を楽しみにしてきた人々の憤りや当惑は当然だと思う一方、トーマス・バッハ会長の決断も組織のトップとして理解できる。

 今回の決定で思い出した出来事がある。2001年9月11日に米国で発生した同時多発テロ後の対応だ。翌月には新体操、体操の世界選手権がそれぞれ欧州で控えていた。私は当時、日本体操協会の常務理事だったが、選手の安全確保を最優先として派遣中止を強く進言した。テロに伴う情勢不安が拭えないためだ。

 当時、選手からは出場を求める会長宛ての嘆願書が提出され、選手やコーチ、その家族らを集めて話し合いを…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです