メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「ダブルケア、その時」編/5止 情報、知ることから 「人ごとじゃない」

講師の桜井雅美さん(右)からアドバイスを受けながら、将来について話し合う若い夫婦たち=愛知県東海市で7月、加藤沙波撮影

 子育てと介護を同時に担うダブルケアの当事者を取材していると、「親が元気なうちに将来のことを家族で話し合っておけばよかった」という声を聞いた。介護は突然始まり、いつまで続くか分からない。育児や家事で親を頼りにする家庭は多く、子育て中の世帯は介護の可能性について考えておくべきではないか。

 愛知県東海市が発行する男女共同参画情報誌「40代のワーク・ライフ・バランス」の中に、ダブルケアに関する項目がある。行政の支援制度などが書かれている。制作した同県武豊町のNPO法人「Smiley Dream」理事長、桜井雅美さん(48)に聞くと、20年ほど前、乳児を抱えながら親を介護していたという。食事すらままならない日々で、役立つ情報を探す余裕は無かった。「『知っている』ことは、自分の身を守ることにつながる」と感じてきた。

 桜井さんは毎年、東海市で育児休業中の女性向け連続講座を開いている。うち1回は夫婦で家族の将来設計や…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  4. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです