メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviライフスタイル

気に入ったヴィンテージを少しずつ…“しばさき”ことモデルの柴田紗希が暮らす部屋(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

モデルの活動を中心に、数々のブランドとのコラボも手掛け、20代を中心に女性たちから圧倒的な支持を集める柴田紗希さん。日々の暮らしや人とのつながりを大切にする彼女の生き方にも共感するファンが多く、Instagramのフォロワーは33万人を超えます。

前回は、モデルならではの「おしゃれ」に対するこだわりを聞かせてもらいましたが、今回は「インテリア」や「部屋作り」について。ファッションと同様、ヴィンテージにこだわっているという柴田さんの、試行錯誤を繰り返す部屋作りを、空間を彩る雑貨や食器などもまじえながら見せていただきましょう。

【関連記事】
1. 私の暮らしにある、7つのキーワード
2. ヴィンテージアイテムでつくる、おしゃれの秘密

 

「一点物のヴィンテージ家具にワクワクするんです」

2018年の2月に引っ越しをして、この家にはもう1年半も住んでいるんですが、まだお部屋づくりは途中です。インテリアは一気に揃えるんじゃなくて”出会い“を待ってるから、完成まではゆっくりかも知れないですね。

 

家具も洋服と一緒で、ヴィンテージが好きです。家具を買う条件は、“ほっこりさ“と“キレイさ”の2点が揃ってること。ヴィンテージが好きだからって、味がありすぎるボロボロのものはNG。部屋にいて落ち着ける、温かみのあるアイテムを集めています。

 

古着を探しに行くのと同じ感覚で、休日に自由が丘とか目黒通りとか、家具を扱っているお店のある街に行ったりしています。ヴィンテージは、一点ものだからめちゃくちゃワクワクするんですよね。自分だけのお気に入りを見つけに、宝探し気分で出かけます。

↑兵庫まで行って買った「DEN PLUS EGG」の机が、この部屋のベース

 

まず、引っ越しのタイミングで「これは、私の部屋の子だ!」って感じで買ったのが机。「DEN PLUS EGG」という家具店さんが、伊勢丹のポップアップに出店しているのを引っ越す前日に偶然見かけて。ヨーロッパのヴィンテージ家具を扱うお店だったのですが、その日が最終日だったので、そのときはゆっくり見られなかったんです。

 

兵庫県のお店だったので、それから一週間も経たないくらいに大阪で仕事があったときに、前乗りしてお店を訪ねました。この机は色と、なんかクタっとした感じが絶妙だなって思って買いました。机を買ったときには、ぴったりな椅子がなくて。この椅子は、その後、恵比寿でたまたま入ったお店で見つけたものです。

 

ソファではいつも、ゆるゆると過ごしてるけど、机に座るとキリッとするんです。勉強するときにあったら便利だし、ゆくゆくは鏡を置いて化粧台みたいにしてもいいなって思ってます。

 

テレビは、いわゆる“テレビ台”じゃなくて、高さのある棚に置きたいと思っていました。自由が丘の「IDEE」で扱っていたヴィンテージのイギリス家具が、ちょうど高さが理想的で!

↑イギリスのヴィンテージの棚は、少し挑戦したアイテム

 

高い場所にテレビがあるとなんか“洋風な部屋”ってイメージがあるんですよね。これは、デザインが印象的。色合いも落ち着いてるし鉄製の金具がアクセントになっています。この金具に合わせて、観葉植物の鉢も鉄製にしたりして、部屋にうまく馴染むように工夫しました。

 

部屋の電気は、京都のヴィンテージ雑貨屋で買ったランプ。仕事で京都に行ったついでに入ったお店で、すごいレトロだなって思って購入しました。引っ越したてになんとなく買ってしまったから、最初は違和感があったけど、だんだんこの部屋に馴染んできたかなって思っています。

↑ランプもかなりレトロなものをチョイス

 

━━━その逆サイドにあるのが、ソファとテーブル。次のページでは、家にいる時間の多くを過ごす、大切なスペースを紹介していただきます。

 

GetNaviがプロデュースするライフスタイルウェブマガジン「@Living」

「ソファ周りは大好きな“白×木”で統一しています」

ソファは、「RACHEL ASHWELL SHABBY CHIC COUTURE」のもの。最近日本から撤退してしまったんだけど、ネットで調べていたら、たまたま倉庫にありますってのを見つけました。色みが、自分が好きなテイストの家具に馴染むかなって思ったのと、サイドに丸みがあるデザインが、ほっこり洋風な感じがするのが好きです。

 

そのソファを中心に、目黒通りの「chambre de nimes BROCANTE」でローテーブルとミラーを買いました。ローテーブルは、白と木がマッチしたデザインが可愛いですよね。木を使ってることで、竹のミラーとも相性がいいかなって思ったんです。このスペースはトータルコーディネートしているつもり。

↑ソファ周りは白と木の温もりで、落ち着くスペースに

 

ローテーブルのテイストに合わせて、クッションとマットは白のレースで揃えました。クッションはヴィンテージで、味があるクテッとした素材感が気に入ってます。

↑クッションは古着屋さんで、マットは韓国で購入

 

ローテーブルの近くに置いてある棚も「chambre de nimes BROCANTE」で購入。11万円が4万円にセールになっていたので、目的は決まっていなかったんだけど「絶対何かに使えるぞ!」と思って。今は、本やDVDが入ってるのですが、今後は食器棚にしたいなって考えています。

↑セール価格で絶対買いだった白い棚

 

全体的に白の家具が多いですね。でも、木も好き。だから、白の可愛らしさと木の温かみが混ざったようなインテリアが好きですね。あとは、最近はヨーロッパ系の家具が好きです。服と同じで、イギリス、イタリア、フランスなどのヨーロッパのヴィンテージが自然に集まってきました。

 

「細々した物は箱やかごに入れてスッキリと」

なるべく生活の物を見せたくないから、サングラス、ネイル、手紙などの細々したものは箱の中に入れて収納してます。

 

「La Boutique Fantasque」の箱は、セットで購入。そのまま重ねておくだけで可愛いので、見えるように置いています。

↑収納ボックスは、見える場所にあっても可愛いものを

 

かごも、ヴィンテージのものから300円均一のものまでたくさん。化粧品などの細かいものは、そのまま置いておくんじゃなくて、かごに入れて生活感を出さないようにしています。

↑300円均一で買ったかごに、ファンからの手紙をまとめてしまっています。ここだけには収まらなくて、数か所に分けています

 

━━━ソファやキャビネットなど、大物の家具だけでなく、小物を入れる容れ物にもこだわる“しばさき”さん。細部まで手を抜かない彼女が、部屋の雰囲気を作るために取り入れているモノとは?

 

GetNaviがプロデュースするライフスタイルウェブマガジン「@Living」

「植物やお香があると部屋が浄化される気がする」

植物が好きなので、部屋には大きな観葉植物を置いていて、お花もまめに買っています。植物があると、部屋全体が浄化されているような気分になるんですよね。

↑観葉植物の世話をする時間も楽しみのひとつ

 

観葉植物はエバーフレッシュっていう種類なのですが、暗くなると葉が閉じてくるのが面白いなって。「生きてるんだな」って実感します。お花は、最近はいろいろな種類の花を一輪ずつ組み合わせて買うのが好き。

↑水彩画みたいな淡い色の可愛いお花が好き

 

実はお香も、自分の生活の中でめちゃくちゃ重要なもの。お香を焚くと、空気が本当にキレイになるのが分かって、本当に癒やされるんです。毎日、朝、晩に焚いています。

↑香立てもシンプル。ゆっくりと香っていくので、ほっこりのんびりとした時間が流れます

 

たくさんのものを使い分けるのではなくて、1種類をしばらく使って、それがなくなったら次の香り、っていうふうにしています。お香って、由緒正しい、日本の伝統的な文化だから、好きなものをかたっぱしから買って、なんていうよりひとつずつ大事に使っていきたいなって。洋服は気に入ったらいつでもすぐ買っちゃうけど、お香はじっくりと。

↑お香はたくさんは集めません。ひとつの香りを使い切ってから次の香りへ

 

最近は、糸島に行ったときに見つけた白檀のお線香。卑弥香シリーズの「高級白檀」で、天然の和の香りがいいですよね。「hibi」のお香は、ちょっと高いから毎日は使ってなくて、気分転換したいときに。

 

━━━この落ち着ける空間で、ちょっとお茶を飲んだり食事をしたり。くつろぎの時間をおともする、食器にもこだわりがあります。

 

GetNaviがプロデュースするライフスタイルウェブマガジン「@Living」

「食器は使い勝手よりも、見ていて心がときめくものを」

料理はあまりしないのですが、可愛い食器も集めてます。どこかに抜け感というか、クセとか個性があるものが好き。暮らしの中に馴染むんだけど、ちょっとウキウキするようなものがいいかなって思っています。使い勝手じゃなく、グッとくるもの。眺めてて、可愛いって思うものを選んでいます。

 

この一見シンプルな和食器は、アセビマコトさんの作品。鎌倉の「Moln」っていうお店で扱ってるのですが、本当に使いやすくて好き。アセビさんは甘いものが好きで、「これはあんみつを食べるときに使いたい」とかをそういうのを考えながら器を作ってるそうなんです。男性なのですが、女性のくすぐったい気持ちを分かってるんですよね。そういうストーリー性があるところも好きなんです。

↑フルーツを置くだけでも可愛い、アセビマコトさんの器

 

こちらは、糸島の「糸島くらし×ここのき」ってお店で買ったポットとカップ。遺跡シリーズと名付けられたシリーズで、昔ながらな感じを思い浮かばせるところがいいなって思いました。

↑最近買ったお気に入りは糸島の作家さんの風唄窯

 

神戸に仕事で行ったときに偶然入ったカフェで買ったカップは、そのカフェでも使われていたもの。作家さんの食器で柄がいろいろあったのですが、このデザインにひと目惚れでした。

↑無地の食器が多いので、珍しいこのデザインに一目惚れ

 

洋食器は、レトロな中にガーリーさがあるものが好き。ファイヤーキングがお気に入りで、カトラリーは銀製品。デザインが可愛いと、見てるだけで幸せな気分になれるんです。

↑洋食器は、ファイヤーキングなどヴィンテージ感があるものを

 

「心が豊かになる、愛のある暮らしをしていきたい」

理想の部屋は、“ごちゃごちゃしていても成り立つ部屋”。物がいっぱいあるのに可愛いとか、そういう人の部屋がすごく好きです。でも私の部屋はまだちょっとまとまってないので、もうちょっと物を減らしたいですね。もっと抜けのある、優しい感じにしたいです。

 

部屋づくりはまだ途中ですが、面白いですね。自分なりに楽しんでいます! 昔は家具は簡単に買えなかったし、やっとこの歳になって部屋を構築していくことが楽しいんだなって思えてきました。ふと部屋を見たときに、家具が可愛く見えると気持ちがいいんですよね。

 

部屋づくりはずっと続けていくものだと思います。心が豊かになる暮らしが理想なので、インテリアも愛がある、温かみがあるアイテムを揃えていきたいと思っています。

 

【プロフィール】

モデル / 柴田紗希

“しばさき”の愛称で幅広い年齢層の女性から親しまれる愛知県出身のモデル。ファッションモデルとして人気女性ファッション誌「mer」で12ヶ月連続表紙を飾る。ヴィンテージアイテムに詳しく、自身がプロデュースする配信番組「usum」で自らセレクトした洋服とヴィンテージアイテムの販売も行なっている。

 

 

GetNaviがプロデュースするライフスタイルウェブマガジン「@Living」

 

【関連記事】
観光客や移住者に媚びない!「地方創生」の新しい方向性とは
gloがフューチュララボラトリーズ デザインとコラボ!限定モデル「glo sens FL Model 1」でアーバンカルチャーをネクストレベルへ 

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道教委、全小中学校の休校要請へ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  4. 芦屋にニホンザル 消防本部倉庫で捕獲後、六甲山に運ぶ途中で死ぬ

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです