メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露がインターネット規制強める 最大手も対象

ロシアのインターネット最大手ヤンデックス本社=モスクワで2011年7月、大前仁撮影

 ロシア政府が自国のインターネット業界に対する干渉を強めている。今月に入り、政府が国内最大のインターネット企業の運営に事実上関与する権限を得たほか、議会でも電子機器に自国製ソフトウエアの搭載を義務づける法案が検討されている。政府は欧米諸国との対立激化を受けた自国のネット環境の安全・安定性強化の必要性を理由とするが、ネット上の言論統制や監視につながりかねないとも懸念されている。

 ロシア最大のインターネット企業、ヤンデックスは今月中旬の取締役会で「公益ファンド」の設立を決めた。ファンドは外国資本による買収を防ぐ狙いを含め、重要案件で拒否権を行使できる。ファンド運営には政府に近い関係者が参画することから、当局の影響力が強まるのは必至だ。経済紙RBKによると、ヤンデックスは政府との協議のうえで、設立に同意したという。

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです