ローマ教皇「人類が直面する課題、最初の一歩は勇気ある重大な決断」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ミサの会場に登場し、赤ちゃんの頭にキスをするフランシスコ・ローマ教皇=東京ドームで2019年11月25日午後3時47分、梅村直承撮影
ミサの会場に登場し、赤ちゃんの頭にキスをするフランシスコ・ローマ教皇=東京ドームで2019年11月25日午後3時47分、梅村直承撮影

 来日中のフランシスコ・ローマ教皇は25日、東京都内で開かれた東日本大震災の被災者との集いに参加した。教皇は演説で「被災者の方々が、引き続き多くの必要な助けを得るための、心ある全ての人に訴える呼びかけとなりますように」と犠牲者や被災者らに祈りをささげた。その上で、環境問題など人類が直面する課題について「最初の一歩は、天然資源の使用に関して、そして特に将来のエネルギー源に関して、勇気ある重大な決断をすること」が必要と…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

あわせて読みたい

ニュース特集