メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「日本にも難民。支援の言葉を」在日クルド人青年、ローマ教皇に訴えへ

ローマ教皇との集会参加を前に期待を語る在日クルド人ラマザンさん=埼玉県内で2019年11月24日午後4時11分、和田浩明撮影

 訪日中のカトリックの最高権威フランシスコ・ローマ教皇が25日に東京で開催する「青年との集い」に、難民認定を求める在日クルド人青年ドゥルスン・ラマザンさん(22)が参加する。9歳で来日し13年たつが、今も不安定な暮らしが続く。ラマザンさんは「日本にも難民はいる。状況が改善されるよう、働きかけてほしい」と教皇に伝えたいと24日、語った。

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1359文字)

和田浩明

1991年4月入社。英文毎日編集部、サイバー編集部、外信部、大阪社会部を経て2003年10月から08年3月までワシントン特派員。無差別発砲事件、インド洋大津波、イラク駐留米軍や大統領選挙を取材。09年4月からはカイロに勤務し、11年1月に始まった中東の民主化要求運動「アラブの春」をチュニジア、エジプト、リビア、シリア、イエメンで目撃した。東京での中東、米州担当デスク、2度目のワシントン特派員などを経て2019年5月から統合デジタル取材センター。日本社会と外国人住民やLGBTなどの今後に関心がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです