メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京に年の瀬告げる風物詩 南座まねき上げ

吉例顔見世興行に向けてまねき看板を飾る「まねき上げ」=京都市東山区で2019年11月25日午前9時1分、川平愛撮影

 京都市東山区の南座で25日、年末恒例の吉例(きちれい)顔見世興行に出演する歌舞伎役者の名前などを書き入れた看板「まねき」が、劇場正面に飾り付けられた。

 「まねき上げ」は京都に師走の訪れを告げる風物詩。午前9時過ぎ、囃子(はやし)の音色に乗せて「片岡仁左衛門」と記されたヒノキ板が運び上げられ、46枚…

この記事は有料記事です。

残り73文字(全文223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです