メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松阪牛「優秀賞1席」は1頭2600万円 85歳の育て親、初の栄冠に感無量

松阪肉牛共進会で優秀賞1席に選ばれた「いつこ」と肥育者の西村節生さん(中央)。左は競り落とした朝日屋の香田佳永社長=三重県松阪市で2019年11月24日、安藤大介撮影

 特産松阪牛の品評会「第70回松阪肉牛共進会」が24日、松阪市伊勢寺町の松阪農業公園ベルファームで開かれた。グランプリの「優秀賞1席」には大紀町打見の西村節生さん(85)が育てた「いつこ」が選ばれ、続いて開かれた「せり市」で津市の精肉店「朝日屋」が2600万円で競り落とした。

 特産松阪牛は、兵庫県産の子牛を松阪周辺で900日以上肥育した牛。共進会には予選を勝ち抜いた50頭が出場し、バランスがとれた体格をしてい…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです