メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発・大熊オフサイトセンター解体 22年春避難指示解除、宅地に

取り壊しが始まった旧原子力災害対策センター(オフサイトセンター)=福島県大熊町で2019年11月25日午前10時18分、和田大典撮影

 原子力災害時の対応拠点として整備されながらも、東京電力福島第1原発事故では直後に撤退を余儀なくされた福島県大熊町の旧原子力災害対策センター(オフサイトセンター)の建物の取り壊しが25日、始まった。環境省は年度内にも解体を終える。

 この日は建物に粉じん飛散防止のシートを張り巡らせ、重機で壁を少しずつ壊した。

 センターは福島第1原発から約5キロの距離にあり、鉄筋コンクリート2階建て、延べ床面積は1230平方メートル。事故直後に現地対策本部が置かれたものの、放射性物質の侵入を防ぐフィルターが設置されておらず、室内の放射線量が上昇。3月15日には、ほとんど役割を果たせないまま、現地対策本部が福島市に移転した。総務省は事故の2年前に、フィルターの未設置を指摘していた。

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです