メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核廃絶へ、思いは一つ ローマ教皇来訪で被爆者「生きててよかった」 広島

インターネットで中継されたフランシスコ・ローマ教皇の演説に耳を傾ける信徒ら=広島市中区の世界平和記念聖堂で2019年11月24日、李英浩撮影

 「この場所のすべての犠牲者を記憶にとどめます。あの時を生き延びた方々を前に、その強さと誇りに深く敬意を表します」。広島を24日に初訪問し、被爆地から世界に、核兵器廃絶に向けたゆるぎなき信念を示したフランシスコ・ローマ教皇。13億人もの信者がいるカトリックの最高指導者のメッセージに、被爆者からは「思いが重なった」と感謝の言葉が相次いだ。【小山美砂、高橋昌紀、李英浩、池田一生】

 広島市中区の平和記念公園であった「平和のための集い」には被爆者や首長も参加。白い法衣をまとって姿を見せた教皇は、原爆慰霊碑に献花し、母語のスペイン語でメッセージを発信した。教皇をひと目見ようと公園の周辺道路も人であふれた。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです